忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSCF4231.jpg上海の近くには、

「水郷」と呼ばれる

小さな街が点在していて、

どこも1〜2時間あれば

遊びに行くことができます。

いくつかある水郷の中から、

「同里」(トンリィ)

というところに

日帰りで行ってきました。










11月初旬に行ってきたのですが、

ちょうどこの時期は天気もよく、

気温もあたたかくて絶好の遠足日和でした。

同里へは、いくつか行き方があるみたいですが、

わたしたちは、上海体育場の遠距離バスターミナルから、

週末朝2本出ている観光バスに乗ってみました。

たしか、130元くらいで、

往復送迎と、同里の街に入るのには入場料が必要で、

その入場料(街の中の寺廟入館料込み)も全部入っています。

ガイドはないので、自分たちで自由にまわって、

16時になってバスのところに戻れば、

また上海体育場へ連れて行ってくれるという仕組みです。

上の画像は、そのバス車内の様子。

普通です。結構きれいです。
DSCF4232.jpg



















バスを降りて、

同里の町へ向かうまでの道は

このような石畳になっていて、

両脇には趣のある背の低い建物が並んで、

1階部分には小さいレストラン(ごはん屋さん、と呼んだ方がしっくりくる)や

食材店、お土産屋さんなどが入っています。

2階部分には人が住んでいそうな雰囲気。
DSCF4234.jpg



















石畳の通りを歩いて行くと、橋にたどり着きます。

そのまままっすぐ行けば同里の町です。

そこの橋からの眺め。

そろそろ「水郷」な雰囲気が漂ってきました。

DSCF4236.jpg



















橋の上から右を向くと、こんな眺め。

白い壁に瓦ぶきの屋根の住宅、

そこに提がっている赤提灯が風情があって、タイムスリップしたよう。

DSCF4239.jpg




同里の町に入るところで

チケットを見せて

入場します。

入るとまず、

おみやげやさんや

お菓子屋さんが並んでいる

にぎやかな通りが

あります。












DSCF4324.jpg



















水飴屋さん。


DSCF4325.jpg



同里名物、

パイみたいなお菓子。

これを売ってるお店が

2軒おきくらいに

とにかくたくさん

あったので、

鉄板の上に乗って

まだあったかそうな

できたてを狙って

買いました。

10枚単位で売ってます。

味は、甘いというよりちょっとしょっぱい。

素材の味、って感じで、

割と見たままの味です。

可もなく不可もなく。

ただ、パイにしてはちょっと油っぽいかな?という感じです。

4人で10枚買ってわけあって完食しました。

わたしは意外と好きかも。また行ったら記念に食べておきたい。




つづく。






拍手[2回]

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

 

Tomoko's Photo Album!!

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from tmk's accessories. Make your own badge here.

 

最新CM

[12/29 tomoko]
[11/30 zow13]

 

プロフィール

HN:
tomoko
性別:
非公開
自己紹介:
2009夏~2010春
の1年間、
香港中文大学で普通話の勉強を始める。
(学生時代の
第二外国語はスペイン語。)

2010年9月から、
上海(東華大学)に
普通話留学中。

趣味は、
アクセサリー作りです。

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

アクセス解析